入会案内

協議会のご紹介

目的

日本医師会では、従来から日医総研が推進してきた日医標準レセプト(オルカプロジェクト)を引き継ぎ、その安心・安全に共有・活用されるシステムという基本方針は維持しつつ、時代の潮流に合わせた医療ICTの高度化をより一層推進する為、外部に事業体を設立し、日本医師会管理の下で継続・発展させていくという方策のもと、日本医師会ORCA管理機構株式会社を設立しました。

この取り組みはORCAプロジェクトのセカンドステージとして、誰にでも安全に安心して使える医療介護情報システムの基盤づくりを目指して、日医標準レセプトシステムのAPI化を図り、ORCAを医事介護会計処理エンジンとして組み込みが可能なものに発展させていくことです。

本会は、日医標準レセプトAPIを使用した電子カルテシステムを初めとする安価な医療情報システムの普及推進を図る為、広く医療情報システム関連開発者を募り、当該APIのより深い理解と、活用例の共有等、参加各社が導入しやすい環境を提供することで、当該APIの導入を支援することを目的とします。

会員資格

本会の目的を理解し、原則として医療情報システムの開発及び販売部門を持ち、事業を行っている団体で、会長が加入を認めた場合とさせて頂きます。

現在、日医標準レセプトシステムの販売等を行っていない団体であっても可とします。

活動内容

3ヶ月に1回程度の定例会議と個別検討会等も必要により開催する予定です。(会議等の為の交通費は参加各社の負担とさせて頂きます。)

権利と義務および禁止事項

  1. 会員は、あらかじめ会議参加者の氏名を提出いただきます。(1会員2名まで)
  2. 会員は、定期的に開催される会議に提出済み従業員を参加させることができます。
  3. 会員は、専用MLへの登録、及び周辺技術の情報提供やプロトタイプの優先的利用が受けれます。
  4. 本会の目的を理解し、本会加入会社は加入の日から2年以内に当該APIを使用した医療情報システムの発売を対外的に発表し、3年以内に発売するように努めて頂きます。入会後2年以内に発売を対外的に発表ができない場合、会長は当該会員を除名することができることとします。

会費

  • 入会金: 30,000円
  • 年会費: 20,000円

(脱会または除名時、入会金及び年会費は返金されません。)

会則

日医標準レセプトAPI協議会会則(PDF: 106,038 B)

入会手続き

入会の方法

新規入会申請からお申し込み下さい。